認知症の家族への対応について

あきらめる

ことの必要性と大切さを

諦める

という言葉が持つ(…と勝手に感じていた)
敗北感のようなものが
なんとなく受け入れがたく、

受け容れられないけど、受け止める、かな。。。

と、介護に向かう考え方にふさわしい言葉を
探していたが、
どうもしっくりする言葉がなかった。

諦める、という言葉は
昔は「明らむ」で、文字通り「明らかにする」
という意味で、「諦める」という意味はなかった、
とする辞典が多いが、
言葉が同じであるかぎり何か関係があるのでは、
とこっちの説明にもしっくりいかず、
ちょっと気持ちが悪かったのだが、

作家の盛田隆二さんのお父様(お母様、妹さん)
に対する介護日誌『父よ』を読んで、

きみがつらいのはまだあきらめていないから

という文章を読んで、
そうだよなーと共感し、
改めて、「諦める」をググってみると、
日本文学者の中西進さんの
次のような「諦める」の説明に出逢った。

あきらめる」、古語の「あきらむ」は物事を明らかにするという意味である。物事を十分に追求し、底の底まですっかり明らかに見通した上で、もうこれ以上期待しても可能性がないと判断することが「あきらむ」であった。

うーーーん、すごくしっくりきた‼️

物事を十分に追求して、底の底まで明らかに見通した上で、
それまで抱いていた期待を転換させよう(*^^*)

でも、まだ頭で納得できたレベルだというところが
ミソですけど。。。(^^;;

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D1877525792527751%26id%3D100008110441155&width=500″ width=”500″ height=”639″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true”></iframe>

(Visited 5 times, 1 visits today)