人知ショー日記043
私たちも
自分に自信を取り戻すことが必要なとき
新たなステージに進もうとする前
など
過去の成功体験を振り返ったり
過去頑張った自分を思い出したりして
自分の自信、自己肯定感を
取り戻したり
高めたり
することがある。
認知症のひとも同じ。。。
社会的役割の喪失
心身の衰え
親しいひとたちとの死別
などの
喪失体験が重なっていくにつれ、
自己肯定感も失われつつあるとすれば、
それを取り戻そうと
過去の自信のあったころに
戻るのは当然のこと。。。
ただ、認知症でないひとが
それをイメージの世界と認識し、
現実世界と区別し、
イメージの世界と現実世界を行き来できるのに対して、
認知症のひとは、
イメージの世界と現実世界が区別できなくなり、
過去のイメージの世界が現実世界になってしまう。
もしかしたら
現実が過去を超えないことを
知っているから?
考えてみれば
過去に自信を取り戻しに行くことは
人間が弱い自分から自分を守るための
とっても人間らしい行為であって
認知症特有のことではばいような
気がしたりする。。。

(Visited 7 times, 1 visits today)