9月9日(土)尼崎で、自分史活用アドバイザーの
資格が取れる講座が開催され、
私たちチーム関西のメンバーで講師を担当します❣️

私が2013年にこの自分史活用アドバイザーの認定講座を
受講しようと思ったのは、
実は、自分史活用アドバイザーとして活動するのに
資格がほしかったからではなかったんです。

当時、学生の就職指導の担当をしていて、
自分の過去を振り返り、まとめてみることの
必要性と重要性を身をもって体験し、
一方で、ひとの人生を振り返るお手伝いをするのに
ちゃんとした方法やスキルを学びたい、と
思って、この講座を受けたのです。

一方で、「自分史って、高齢者が元気なうちに
自分の人生をまとめるものなのかも、
それなら若者の場合とはちょっと違うのかな?
でも、重なるところもあるかもな?」という不安も
正直ありました。

でも、それはそれで、「自分史って、こういうものを
いうんだ」とわかっていいかも、
と思いながら受けました。

受けた結果。。。
私の期待を上回る、不安なんかはるか彼方に
吹っ飛んじゃう内容でした。

自分史に年齢は関係ない

自分を振り返るのに年齢は関係ない

さらには…
これまでの自分を振り返ることが
明るい未来に繋がってくる

ということも確認できました。

私は、学生に「自己分析」「自己理解」という名で
自分史を書かせるうちに
それまでは、
「僕なんて、受かるところなんですよ」
「私、得意なことないし、どこ受けたらいいか
わからないんです」
「僕の強み、長所なんて、わかりません。
ないです!短所なら言えますけど」

などと言って、いわゆる「自己肯定感」が
もともと低いのか、就職前で不安になって低いのかは
わからないけど
とにかく自己肯定感が低かった学生たちが
自分史を書くうちに

えっ⁉︎ 僕がやったことって、すごいことなんですか?
これ、私の強み、長所なんですか?
なんか小さい頃から繋がってるー
そうそう、こんなことに興味あったんです

など、自分で自分を発見して、
なんだか笑顔になって、キラキラし出し、
就職活動頑張ります❣️スイッチが入るのを
何人も見てきて、

これって、何⁉️
すごすぎるーーーーー

と不思議に思ってきたんです。

その不思議さが、この自分史活用アドバイザー認定講座を
受けて、スッキリしました❣️

もともと自分史を書くことには
そういう効果があったんです(*^^*)

他にも、もっともオーソドックスな
自分の生きた証を残す、とか、認知症予防
などという目的、効果もありますが、
私は、自分史のこの

自己肯定感を高める

という効果に惹かれて、
自分史の大ファンになり、
高齢者や学生たちを中心に
自分史を作ることをサポートさせていただいています。

自分史って何かな?

ってだけでも、受けて損のない講座内容になっていますので、
よろしかったらどうぞ(o^^o)

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D2003209369959392%26id%3D100008110441155&width=500″ width=”500″ height=”545″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true”></iframe>

(Visited 11 times, 1 visits today)