認知症が進めば進むほど
言語コミュニケーションより
非言語コミュニケーションのほうが
コミュニケーションツールとして
効果があるというのはなっとくだけど。。。

具体的に
といえば。。。

笑顔、声のトーン(優しい)、視線

だという。

これもなっとく(*^^*)

父はお百姓さんの家に育って
そこの男性たちはすごく優しいんだけど
すごく無口。

認知症になる前は
母は父の優しさに感謝してたけど、
認知症が進んで来ると
「お父さんは優しくない」
と言い、
父はめったに(全く、と言っていいほど)
怒らないのに
「お父さんが怒っている」
と言う。

それは、父のぶっきらぼうな言い方や
声のトーンによるんだと
最近きづいたけど。。。

これを変えるのは至難の技だなー(^^;)

父は母の認知症からくる行動に
ちょっとイラっとした表情をしては
母に逆ギレされていたけど、

最近は父もあきらめたのか、
めったに笑わない父なのに
笑って母にこうやるんだと教えている。

すると
母もわけもわからず笑っている。

うーーーん、
ガンコな父もちょっと学んだかな(^^;)

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D1878531415760522%26id%3D100008110441155&width=500″ width=”500″ height=”558″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true”></iframe>

(Visited 13 times, 1 visits today)