【自分史と私の自分史(ややこしっ^^;) その1】
私が自分史活用アドバイザーの認定講座を受けたのは
2013年のこと。

その時は、資格を取得するために受講したわけでは
ありませんでした。

大学教員になってから20年近く
3,4年生の学生たちの就職支援もしていて、
いわゆる『自己肯定感』の低い学生が多いことを
目の当たりにして、愕然としました。

僕なんか自己PRできるようなところないですよー
私、長所なんてないです。短所ならいっぱい言えますよー

これまで学校でも一生懸命頑張ってきて、
やっとこれから先、社会に出て、自分のやりたいことをやって
輝いていってほしい、素敵な若者たちが
自分のことをこんなふうに自分のことを思ってたなんて
ショックで、かなしかったです。

そんな学生たちに自分の素敵なところを
自分でちゃんと見つけてもらおうと、
市販の自己分析や自己理解の本をできるだけシンプルに
アレンジした自己分析シートを使いながら
自分のこれまでを振り返ってもらい、
なかなか書けず困っている学生には
ひとり2時間くらいずつ私がインタビューしながら
素敵なところを聞き出していきました。

すると、出てくる出てくる。。。

自分の素敵なところ

自己分析をしていくうちに
学生たちはだんだんキラキラしてきて、
学生たちがどんどん自信が出てくるのを
見ているうちに

一体これは何が起こってるんだろう?
過去を振り返ると、どうしてキラキラし出し、
自信のなかった学生たちが前向きになってくるんだろう?

それまで就職の話になると、
暗い感じになり、目も伏せがちだった学生たちが
顔を上げて、目もキラキラし出しちゃうって???

自己分析って、就職活動のためにあるのだけど、
これって、これから自分に自信を持って(自分を信じて)
生きていく上で、めちゃくちゃ必要で、大切なことなんと
ちゃうん!!!

このことが確かめたくて、
私は、自己分析に近いことをしているのであろう、
自分史活用アドバイザー
なるための講座の中に、自己分析の意味を求めたのでした。

そして、講座の内容は、私の期待に応えてくれました

過去を振り返って、もう一度自分の人生を見つめることが、
今までは気づかなかった
自分の輝き、素晴らしさに気づかせてくれること

そして、そのことが未来の自分に対する
希望、期待や

現在ここにいる自分への慈しみに繋がること

そのことを確認して、

やっぱり自分史(自己分析、自己理解)って
素敵だなー

と思えたんです♡

自分史を通じて
自分の素敵さを再認識したり、
まだ気づいていない自分の素敵さに気づいたりしながら
現在の自分を慈しんだり、
よりワクワクな未来を感じたりしてほしい💓

こう思って、自分史活用アドバイザーに
なることにしました。

そして、今、
そうできるアドバイザーになれるよう、
頑張っている途中です(*^^*)

自分史でワクワクしてくるってホンマなん⁉️

って思うかた、一度お試し講座受けてみてくださーい(o^^o)

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpermalink.php%3Fstory_fbid%3D2013190378961291%26id%3D100008110441155&width=500″ width=”500″ height=”538″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true”></iframe>

(Visited 11 times, 1 visits today)